記事の一覧へ

【2022年】シフト管理と勤怠管理、両方可能なおすすめシステム5選

最終更新日:2022年3月17日
オーエムネットワーク株式会社
シフト管理と勤怠管理

小売業やサービス業にとって、スタッフのシフト管理と勤怠管理は非常に重要です。エクセルでのシフト作成や、タイムカードでの勤怠管理などはどうしても時間がかかりますが、最近は便利なシフト管理システム、勤怠管理システムが続々登場しています。

当コラムでは、シフト管理システムと勤怠管理システムそれぞれの特徴(できること)をまとめました。シフト管理も勤怠管理も両方行えるシステムについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.シフト管理システムでできること

シフト管理システムでできること

(1)希望シフトの申請

シフト管理システム(シフト作成システム)では、従業員の希望シフトや希望休をシステム上で申請してもらうことができます。

各自スマートフォンから申請できるため、シフトを申請するためにわざわざ店舗に出向いたり、手書きで提出する必要がありません。

また、希望シフトの提出締め切りもシステム上で管理できるため、提出期限が近づいたらアラートを出したり、未提出の人に通知を送ったりすることもできます。

【関連記事】アルバイトのシフト表作成を効率化!シフト管理の課題と対策

(2)シフト表の自動作成

曜日や時間ごとの必要人員、必要な作業、従業員情報(雇用契約内容、月間公休日数)と希望シフト内容を照合し、シフトを自動作成することができます。

ただし、自動作成の精度はシステムによって異なるため、独自性の高いシフト作成を求める際は注意が必要です。

オーエムネットワーク社が提供する「アールシフト」のようなシフト管理システムなら、複雑な条件を考慮したシフト表を最短1分で作成。

「店内レジと屋外レジの違いを考慮して割り当てたい(ホームセンター向け)」「薬剤師と登録販売者を確実にシフトに入れたい(ドラッグストア向け)」といった業種特有のシフト管理方法も、標準機能で既に搭載されています。

【関連記事】【シフト表作成の基本】「良いシフト表」って?定義は立場によって変わる!

(3)シフトの共有・調整・変更

作成したシフトは、システムを通じて従業員に共有できます。スマートフォン向けアプリが提供されているシステムなら、従業員がいつでも自分のシフトを確認できます。

<欠員募集や店舗間応援といったシフト作成後の調整も、シフト管理システムで完結できます。

【関連記事】プロが選ぶ!シフト管理に役立つ最新おすすめ無料アプリ7選

2.勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムでできること

(1)出退勤の打刻

勤怠管理システムなら、タイムカードを切ったり勤怠管理表に記入したり、といった手作業での管理は必要ありません。

スマートフォン、パソコン、ICカード、指紋認証、顔認証など、さまざまな方法で、従業員の出勤時刻、退勤時刻を記録することができます。

(2)勤務状況や実績の確認

従業員の勤務状況(勤務中や休憩中など)をリアルタイムで把握できます。打刻にエラーがある場合もシステム上から確認・修正可能です。

システムによっては予定と実績を比較する機能や、勤務実績から人件費の概算を出すなどの機能も備わっています。

(3)休暇・残業などの申請

従業員からの休暇や残業、出張などの申請と、それに対する上長の承認も勤怠管理システムで完結します。各々がスマートフォンやパソコンから申請できるため、スピーディにやりとりできるのもシステムを使うメリットといえます。

3.シフト管理も勤怠管理もできるシステム5選

シフト管理システムと勤怠管理システム、それぞれでできることが違いますが、利用するならどちらも兼ねているものを選ぶのが効率的です。

ここからは、シフト管理も勤怠管理も可能なシステムを5つ紹介します。

(1)アールシフト

シフト管理システムアールシフト

2020年から3年連続で導入企業数ナンバー1(従業員数1,000名以上の小売業/東京商工リサーチ調べ)。

全国展開しているスーパー、生活雑貨店、レンタルビデオ店、衣料品店、ホームセンター、映画館、空港、コールセンターなど幅広い業種の企業様に選ばれています。

店舗向け勤怠管理システム「アール勤怠」との連携で、業務効率化や生産性向上をさらに加速させます。

アールシフトのサイトへ

(2)Airシフト

シフト管理システムAirシフト

シフト作成に関する従業員とのやりとりから勤怠管理までカバーするシフト管理サービス「Airシフト」。希望シフトの申請、人数調整だけでなく、埋まらないシフトについて1枠単位で外部にスタッフ募集できるサービスも用意しています。

スマートフォン向けシフト管理アプリ「シフトボード」との連携ができるのもAirシフトならではの強みです。

Airシフトのサイトへ

(3)Touch On Time

シフト管理システムtouchontime

勤怠管理に特化しつつ、シフト管理機能も備えているサービス「Touch On Time」は、クラウドシステムだけでなく独自開発の「タッチオンタイムレコーダー」も提供しています。

パソコンやタブレットを使わない機器のため、従業員が必ず通る場所に設置可能、「従業員の打刻忘れで打刻修正作業が頻発する」といった問題を無くすことができます。

Touch On Timeのサイトへ

(4)ジンジャー勤怠

シフト管理システムジンジャー勤怠

ジンジャーは、人事労務・勤怠管理・給与計算などのバックオフィス業務効率化を支援するクラウドサービスです。中でも勤怠管理に特化している「ジンジャー勤怠」は、打刻、集計、予実管理、申請機能、シフト管理などの機能が備わっています。

英語、インドネシア語やタイ語、ベトナム語など5か国の言語に対応しているのもポイントです。

ジンジャー勤怠のサイトへ

(5)ジョブカン勤怠管理

シフト管理システムジョブカン勤怠

小規模事業者から従業員500名以上の大規模な企業まで、さまざまな規模・業態の会社に選ばれているのが「ジョブカン勤怠管理」です。

打刻方法はICカードや指静脈認証のほか、GPS打刻、LINE打刻、Slack打刻なども用意。さまざまな職場環境、働き方に合わせた打刻方法が備わっています。

ジョブカン勤怠管理のサイトへ

小売業・サービス業のシフト管理なら「アールシフト」

シフト管理システムアールシフトプレビュー

◆シフト作成の自動化を中心とした統合型シフト管理システム

店舗向けシフト管理システム「アールシフト」は、シフトの自動作成に重点をおいたクラウド型のシフト管理システムです。近年、シフト管理やシフト作成に対するニーズはますます高度化しており、使いやすさ・分かりやすさが求められています。

このようなニーズに対応してアールシフトは、AI手法を活用したシフト自動作成機能を提供し、シフト管理業務やシフト作成業務の効率化を実現すると同時に、店舗で活用するという前提のもと、UX(ユーザーエクスペリエンス)にも配慮したユーザーフレンドリーなシステムになっています。

◆勤怠管理・人時予測・人件費管理もカバー!

アールシフトは従来のシフト自動作成機能に加えて、「人時予測」「勤怠管理」、「作業実績管理」「人件費管理」「店舗間比較」といった機能を追加することで、店舗経営における総合課題解決ツールへと進化しています。

もちろんすでにお使いの勤怠管理システムとの連携も可能。これにより、勤怠管理システム側で次月の勤務予定を登録する必要がなくなります。

どの勤怠管理システムへのデータ連携も可能となるよう、勤怠管理システム側のフォーマットに合わせた変換も柔軟におこなっています。

◆小売業・サービス業に特化した豊富な導入実績

店舗向けシフト管理システム「アールシフト」は、2017年の発表以来、数多くの小売業、サービス業のお客様に導入していただき、店舗の生産性向上に寄与してきました。具体的な導入事例については以下のページで紹介しています。

アールシフトの企業導入事例を読む

シフト管理システムに興味を持たれた方は、ぜひアールシフトの体験利用、デモ動画視聴にお申し込みください。

アールシフトの体験利用を申し込む

アールシフトのデモ動画視聴を申し込む

WEB用アールシフトのロゴ タブレット用アールシフトのロゴ
<当コラムに対するお問い合わせ先>
オーエムネットワーク株式会社
RSサービス推進室
新潟市中央区東大通2-1-18 だいし海上ビル 6F
TEL:025-250-5733(受付時間:平日10時~17時、土日祝日は除く)