記事の一覧へ

マンアワーとは?基本の求め方や種類・多店舗展開でなぜ重要なのか解説!

最終更新日:2022年3月28日
オーエムネットワーク株式会社
シフト管理におけるマンアワー管理とは

店舗の業務改善において重要な指標「マンアワー(MH)」をご存知ですか?多店舗展開している小売業・サービス業では、マンアワー管理によって「店舗運営の見える化」「ムリ・ムダ・ムラの把握」が可能になります。

このコラムでは、マンアワーの基本、計算式、多店舗展開においてなぜマンアワーが重要なのかをまとめました。ぜひ参考にしてください

1.マンアワーとは

マンアワーの基本や計算式

(1)マンアワーの基本

マンアワー(Man Hour)とは、”仕事を1人で全て行ったと仮定した場合の作業時間を表す単位(MH)”です。「人時(にんじ)」と言ったりもします。

マンアワー管理では、すべての作業、あらゆる労働を「MH」という統一した単位で表すことができます。

シフト作成では「この業務には何人必要で、どのくらいの時間がかかるのか」を見積もる必要があり、そのためにはマンアワーを把握しておかなければいけません。

実際にシフトを作成・管理する店長の皆さんや、店舗を管理する本部の担当者の方は知っておいたほうがいい指標です。

【関連記事】シフト管理とは?シフト管理の目的・方法・効率化のコツ|有名企業の事例も紹介

(2)マンアワーの求め方(計算式)

マンアワーは「作業人数×時間」で出すことができます。

例えば、品出し作業を1人で全て行なって10時間かかるとすると、品出し作業のマンアワーは「10MH」となります。この品出し作業を2人で行ったとすると1人当たり5時間の作業量になります。

マンアワーは、業種や企業規模に関わらず、すべての仕事を同じ基準で図ることができる極めて有効なものなのです。

【補足】マンパワーとの違い

マンアワーと似ている言葉として「マンパワー」が挙げられます。

マンパワーは、「退職が相次ぎ、現場のマンパワーが不足している」「新事業のためにマンパワーを確保したい」など、労働力・人的資源としての意味合いを持って使われる言葉です。

混同しないよう注意してください。

2.マンアワー管理で必要な3つの指標

マンアワーを使って店舗の管理を行う場合、全店統一的に利用できる何らかの管理指標が必要になってきます。

マンアワー管理では必要MH、投入MH、過不足MHの3つの指標を使って管理をおこなうことになります。

3つの指標について以下にまとめました。

3つのマンアワーについて

(1)必要MH

店舗を運営する上で必要となる人員の合計時間を表したものを言います。

例えば、平日の必要MHは200MH、土日の必要MHは300MHなどと表すことができます。

必要MHを算出する方法は何通りかありますが、主に以下の2つの方法が主流だと言えます。

  • 1)個々の作業のMHをすべて積み上げて1日当たりの必要MHとする方法
  • 2)時間帯毎に必要な人数を経験などから算出して1日当たりの必要MHとする方法

(2)投入MH

実際に投入することができた人員の合計時間を表したものが「投入MH」です。

例えば、平日の投入MHは230MH、土日の投入MHは280MHなどと表すことができます。

投入MHの算出方法は実際に投入した人員の合計時間となり、極めて単純明快です。

しかし、シフト作成段階の投入MHはあくまでも計画値。正確な投入MHを知るためには勤怠管理システムとの連動が必要になります。

(3)過不足MH

最後に過不足MHですが、これは投入MHから必要MHを減算した数字です。

先程の例では、平日は30MHの過剰、土日は20MHの不足と言うことになります。

この過不足MHを算出することで、曜日別や時間帯別のムリ・ムラ・ムダがハッキリと把握できるようになります。

3.マンアワーはなぜ多店舗管理に強いのか

マンアワーと多店舗展開

必要MHと投入MHを差し引きした「過不足MH」がわかれば、店舗のムリ・ムダ・ムラが明らかになります。

特に多店舗展開している企業の場合、多くのメリットを享受できます。

(1)店舗同士の比較ができる

実際の管理表は、月別、日別に分けて管理されます。月別は月ごとのマンアワーの推移を年間で表し、日別は日ごとのマンアワーの推移を月間で表します。

これを店舗別に並べて見ることで、全店平均と比較した各店舗の位置づけが明確になります。

管理表は数字だけでなくグラフ表示なども利用して視覚的に見られるようにすると効果的です。

(2)店舗ごとの日別・時間別の過不足がわかる

(1)で全店平均や店舗同士の比較をおこなった結果、全体として「要員的に余裕のある店舗」「スタッフが不足している店舗」がわかります。

さらに店舗ごとに目を向ければ「A店では12時〜14時の人員が過剰」「B店では土日に人員が足りていない」など、各店舗の問題点が明確になります。

(3)ムリ・ムダ・ムラを把握し生産性向上に役立つ

(1)(2)で明らかになった店舗ごとの課題こそ、店舗運営におけるムリ・ムダ・ムラです。

人員過剰の場合は無駄な投入を削減し、逆に人員不足の曜日・時間帯は仕事を分散させてバランスをとるなど、店舗の効率的な運営・生産性向上に繋げることができるのです。

マンアワーによる店舗横断的管理はこれから普及が進んでくると思いますが、考え方としては決して難しくはありません。

導入しやすい指標ですので、是非チャレンジしてみてください。

マンアワー管理に強いシフト管理システム「アールシフト」

シフト管理システムアールシフトプレビュー

◆シフト作成の自動化を中心とした統合型シフト管理システム

店舗向けシフト管理システム「アールシフト」は、シフトの自動作成に重点をおいたクラウド型のシフト管理システムです。近年、シフト管理やシフト作成に対するニーズはますます高度化しており、使いやすさ・分かりやすさが求められています。

このようなニーズに対応してアールシフトは、AI手法を活用したシフト自動作成機能を提供し、シフト管理業務やシフト作成業務の効率化を実現すると同時に、店舗で活用するという前提のもと、UX(ユーザーエクスペリエンス)にも配慮したユーザーフレンドリーなシステムになっています。

◆勤怠管理・人時予測・人件費管理もカバー!

アールシフトは従来のシフト自動作成機能に加えて、「人時予測」「勤怠管理」、「作業実績管理」「人件費管理」「店舗間比較」といった機能を追加することで、店舗経営における総合課題解決ツールへと進化しています。

もちろんすでにお使いの勤怠管理システムとの連携も可能。これにより、勤怠管理システム側で次月の勤務予定を登録する必要がなくなります。

どの勤怠管理システムへのデータ連携も可能となるよう、勤怠管理システム側のフォーマットに合わせた変換も柔軟におこなっています。

◆小売業・サービス業に特化した豊富な導入実績

店舗向けシフト管理システム「アールシフト」は、2017年の発表以来、数多くの小売業、サービス業のお客様に導入していただき、店舗の生産性向上に寄与してきました。具体的な導入事例については以下のページで紹介しています。

アールシフトの企業導入事例を読む

シフト管理システムに興味を持たれた方は、ぜひアールシフトの体験利用、デモ動画視聴にお申し込みください。

アールシフトの体験利用を申し込む

アールシフトのデモ動画視聴を申し込む

WEB用アールシフトのロゴ タブレット用アールシフトのロゴ
<当コラムに対するお問い合わせ先>
オーエムネットワーク株式会社
ソリューション企画グループ
新潟市中央区東大通2-1-18 だいし海上ビル 6F
TEL:025-250-5733(受付時間:平日10時~17時、土日祝日は除く)