コラム

2024.06.27

スーパーマーケットの店舗管理の課題とは?効率化する方法を解説!

シフト管理

業種別

スーパーマーケットの店舗管理の課題とは?

スーパーマーケットの店舗管理業務は、顧客対応から売り場の管理、組織管理、人事労務など多岐にわたります。

この記事では、スーパーの店舗管理業務を具体的に説明しつつ、よくある課題、効率化する方法についてまとめました。
ぜひ店舗運営の参考にしてください。

スーパーや小売業のシフト管理についてまとめた記事もございます。
あわせてお読みください。

1.スーパーの店舗管理業務とは

スーパーマーケットの店舗管理業務は多岐に渡ります。

具体的には以下のような業務です。

顧客対応管理:接客、クレーム対応、地域ニーズの把握

売り場管理:商品陳列、値札管理、POP作成

商品管理:仕入、在庫管理、品質管理、賞味期限チェック

組織・作業管理:スタッフの作業指示、業務フローの改善

情報管理:売上や在庫データの管理、報告書作成

予実管理:売上目標と実績の管理、業績分析

人事・労務管理:勤怠管理、給与管理、シフト管理

1つずつ見ていきましょう。

顧客対応管理

小売業・サービス業なら欠かせない顧客対応管理の仕事。

具体的には、接客やクレーム対応、地域ニーズの把握などが該当します。

接客は、顧客満足度を直接左右する要素であり、リピーター獲得の鍵です。
来店時の挨拶や商品に関する質問への的確な回答、顧客との対話を通じて顧客の要望や意見を積極的に聴取し、サービス向上に役立てることが求められます。

クレーム対応は、顧客不満を迅速に解消し、信頼回復を図るために重要です。
クレームの内容を速やかに把握し、適切な部署に報告・対応することが必要です。
問題解決後も顧客に対してフォローを行い、満足度を確認しましょう。

地域ニーズの把握は、地域特性に応じた商品・サービスの提供に必要です。
市場調査を行い、地域住民の購買傾向やライフスタイルを調査します。
地域の祭りやイベントに合わせた販促活動や特売を実施することも効果的です。

売り場管理

商品の陳列、値札管理、POP作成などの売場管理も店舗管理業務の一種です。

商品陳列は、顧客の購買意欲を刺激し、売上を増加させるために重要です。
視覚的に目を引く位置に売れ筋商品を配置する、商品カテゴリーごとに整理整頓するなど、顧客が探しやすい売り場作りが求められます。

値札管理は、顧客に正確な価格情報を提供し、信頼を維持するために不可欠です。
定期的に値札の価格を確認し、誤りがないかチェックしつつ、セールや価格改定時には迅速に値札を変更します。

POP作成は、商品の魅力を効果的にアピールでき、売上促進に貢献します。
目を引くデザインで商品の特徴やメリットを強調し、顧客の視線が集まりやすい場所にPOPを設置します。

商品管理

商品管理は店舗管理業務の中でも重要です。

仕入や在庫管理、品質管理、賞味期限チェックなどさまざまあります。

仕入については売上と利益に直結する要素です。
販売データや季節要因を考慮して発注計画を立て、仕入先との価格交渉を行いコストを抑えることが求められます。

在庫管理は、在庫の過不足を防ぎ、適切な在庫レベルを維持するために必要です。
定期的に在庫を確認し、過不足を管理しましょう。
在庫回転率を分析することで、効率的な在庫管理が可能になります。

品質管理は、顧客に提供する商品の品質を維持し信頼を確保するための業務です。
仕入れ商品の品質を受け入れ時に確認し、商品ごとに品質基準を設定し定期的にチェックすることが求められます。

賞味期限チェックは、顧客の安全を確保するための業務と言えます。
賞味期限が近い商品を定期的に確認し棚卸しを行うことや、古い在庫から先に販売するような陳列の工夫が必要です。

組織・作業管理

組織や作業を管理する上では、スタッフへの作業指示、業務フロー改善、などに取り組む必要があります。

スタッフへの作業指示は、適切な作業指示により業務効率を向上させるために行います。
各スタッフに日々のタスクを明確に指示し、効率的な作業が行えるようサポートしましょう。
また、スタッフの業務フローを改善し、作業の無駄を減らすことも重要です。

作業手順を見直し、不要な工程を削減することで、スタッフの負担が軽減できます。

情報管理

売上や在庫データの管理、報告書の作成など、情報をまとめることも全体の統制のために必要です。

本部にとっては店舗同士の比較検討材料にもなります。

売上や在庫データの管理は、店舗運営の基盤です。
売上・在庫データの記録や分析は、販売戦略の見直し、在庫管理の改善に役立ちます。

報告書作成は、本部や他の関係部署に店舗の現状を報告するために不可欠です。
売上報告書、在庫報告書、スタッフの勤務状況報告書などを作成し、適切なタイミングで提出します。

予実管理

「予実」とは「予算と実績」の略です。
予算と実績を比較・分析することを「予実管理」といいます。

売上目標と実績の管理は、店舗の業績向上に直結するため重要です。
売上目標を設定し、達成度を定期的に確認・評価することで、進捗を把握し、必要な対策を講じましょう。

また、業績分析は、店舗の売上データやコストデータを基に行います。
売上の増減要因やコストの削減ポイントを特定し、具体的な改善策を講じることで、店舗の収益性を向上できます。

人事・労務管理

店舗管理はスタッフがいなければ成り立ちません。

人事・労務管理では、勤怠や給与、シフトについての業務を行います。

勤怠管理は、スタッフの出勤状況を正確に把握し、適切に管理するための業務です。
スタッフの勤務時間を記録し、シフト表を作成・管理することで、適正な人員配置の実現が求められます。

また、給与管理によってスタッフの給与を正確に計算・支給します。
勤務時間や残業時間を基に、正確な給与計算を行い、適切に支給することが求められます。

シフト管理は、スタッフの労働時間を最適化し、業務効率を向上させるために重要です。
スタッフの希望や店舗の需要に応じて、効率的なシフトを組むことで、適正な人員配置を実現し、業務効率を向上させることが求められます。

2.スーパーの店舗管理でよくある課題

スーパーの店舗管理は多岐に渡り、どの店舗にとっても課題となりうる要素がいくつかあります。

特に多いのが以下の課題です。

・人手不足

・在庫管理の不徹底

・顧客クレームの対応遅れ

・コミュニケーション不足

・データ管理の煩雑さ

・シフト管理の難しさ

・顧客ニーズの把握不足

それぞれ、詳細を確認していきましょう。

人手不足

スーパーでは多くのスタッフが必要ですが、特にパートタイムやアルバイトの確保が難しい場合があります。
人手不足は、業務の効率化を妨げ、既存のスタッフに過度な負担をかけることになります。スタッフのモチベーション低下や離職率の増加が生じる可能性もあるため、早急に解決すべき課題です。

在庫管理の不徹底

在庫管理が不十分だと、商品が適切に補充されず、品切れや過剰在庫が発生します。
品切れは売上機会を逃し、過剰在庫は廃棄リスクを高めます。
また、在庫の不正確な把握は、仕入れ計画の誤りを招き、コスト増加につながります。

顧客クレームの対応遅れ

顧客からのクレームに迅速かつ適切に対応できないと、顧客満足度の低下を招きます。
クレーム対応の遅れは、顧客の不満を増大させ、店舗の評判にも悪影響を及ぼします。
リピーターの減少や新規顧客の獲得が困難になる可能性があるため注意が必要です。

コミュニケーション不足

店舗スタッフと本部とのコミュニケーションが不足していると、指示が適切に伝わらず、業務がスムーズに進行しません。
これにより、情報の見逃しや報告漏れが発生し、店舗運営に支障をきたします。
スタッフ間のコミュニケーション不足も、チームワークの低下や業務効率の悪化を引き起こします。

データ管理の煩雑さ

売上や在庫データの管理が煩雑だと、正確な情報が把握できず、適切な意思決定が困難になります。
アナログなデータ管理は手間がかかり、ミスが発生しやすいもの。
1つのミスで業務の効率化が妨げられ、コスト増加や収益低下を招きます。

シフト管理の難しさ

適切なシフト管理が行われないと、繁忙期や繁忙時間帯にスタッフが不足したり、閑散期や閑散時間帯に余剰人員が発生します。
現場の実態に合わない人員配置は、スタッフの労働負担の偏りやコストの無駄を生じさせます。

顧客ニーズの把握不足

顧客のニーズを正確に把握できないと、顧客の期待に応えられる商品やサービスは提供できません。
市場調査や顧客フィードバックの不足は、販売戦略や商品構成の誤りを引き起こします。

3.スーパーの店舗管理を効率化する方法

店舗管理業務を効率化するための一般的な方法は主に5つあります。

・デジタル化と自動化の推進

・知識の共有とマニュアルの整備

・コミュニケーションツールの導入

・定期的な業務プロセスの見直し

・シフト管理システムの導入

それぞれについて詳しく説明します。

デジタル化と自動化の推進

店舗管理業務の多くをデジタル化し、自動化することで効率化を図ることができます。
例えばPOSシステムを導入すれば、売上データの自動収集と分析が可能です。
在庫管理システムを使えば、在庫の状況をリアルタイムで把握でき、発注や補充のタイミングを自動で調整することができます。
手作業によるミスが減るので、スタッフの負担も軽減されます。

知識の共有とマニュアルの整備

業務の属人化を防ぐために、業務マニュアルを整備し、スタッフ間で知識やノウハウを共有しましょう。
動画マニュアルを活用すると、視覚的にわかりやすく業務手順を伝えることができ、新人教育や業務の統一化に役立ちます。
クラウド上にマニュアルを保存し、いつでもアクセスできる環境を整備すれば、スタッフが必要な時に必要な情報をすぐに入手できます。

コミュニケーションツールの導入

店舗スタッフと本部、またはスタッフ同士の円滑なコミュニケーションを促進するために、専用のコミュニケーションツールを導入することが有効です。
LINE WorksやTeams、Slackなどのチャットアプリやプロジェクト管理ツールを利用すると、リアルタイムで情報を共有でき、指示の伝達や確認がスムーズに行えます。
チャットに履歴が残ることで、情報の見逃しや報告漏れが減少し、業務効率化にも貢献できます。

定期的な業務プロセスの見直し

業務プロセスを定期的に見直し、無駄を省くことも重要です。
各業務の手順を詳細に分析し、重複する作業や不要な工程を排除することで、作業時間を短縮できます。
また、新しいツールやシステムの導入によって、業務フローを再構築し、より効率的な運営を目指すのも良いでしょう。

シフト管理システムの導入

適切なシフト管理を行うことで、人員配置の最適化が図れます。
シフト管理システムを導入すると、スタッフの希望シフトや勤務実績を簡単に管理でき、繁忙期や閑散期に応じて効率的にシフトを組むことが可能です。
過度な労働負担を避けつつ、必要な時に必要な人数を確保できます。

見やすいシフト自動作成システム「アールシフト」

R-Shift

(1)小売業・サービス業の導入店舗数2万店超

アールシフトは、小売業やサービス業のシフト管理に特化したシステムです。
おかげさまで2020年〜2024年と5年連続で「登録ID数1,000以上の小売業」における導入数No.1(※東京商工リサーチ調べ)となりました。
全国展開しているスーパー、生活雑貨店、レンタルビデオ店、衣料品店、ホームセンター、映画館、空港、コールセンターなど幅広い業種の企業様に選ばれています。

(2)柔軟にカスタマイズ可能

選ばれる理由の一つが、カスタマイズの柔軟性です。
シフト管理においては企業ごとに設けている独自ルールや細かな要望があるかと思います。
アールシフトなら800を超える標準機能から独自にオーダーメイドが可能です。
「店内レジと屋外レジの違いを考慮して割り当てたい(ホームセンター向け)」
「薬剤師と登録販売者を確実にシフトに入れたい(ドラッグストア向け)」
といった業種特有のシフト管理方法も、標準機能で既に搭載されています。
標準機能だけでは対応しきれない個別カスタマイズにももちろん対応。
お客さまの企業特性を理解した上で、設定のチューニングを行ないます。

(3)シフト管理+人時生産性向上を同時に実現

アールシフトではレイバースケジューリング理論(LSP)や統計分析手法、AI手法などを全面採用。仕事と人をMH(人時)で把握し、ムリ・ムダ・ムラの最も少ない効率的なシフトを実現しました。
誰が使用してもスピーディに高精度なシフト表が作成できるよう、当社独自の最適化手法を備えています。

(4)直感的に操作できる現場志向のシステム

高精度なシステムでありながら、直感的な操作でシフトが自動作成できるよう、インターフェースにも徹底的にこだわりました。基本操作はマウスだけでOK。公休と有休の色分け表示や、白黒印刷したときの見やすさなど、現場の方々が求める機能を実装しています。
システム自体の素早いレスポンスも好評です。
アールシフトでは、シフト管理システム導入を検討中の企業様向け体験利用プランや、メイン機能の使い勝手がわかるデモ動画を用意しています。
シフト管理方法について見直しを考えているご担当者さま、ぜひお気軽にお問い合わせください!

コラム一覧へ