フィットネスクラブの業務特性とシフト管理

お役立ち情報 INFORMATION

フィットネスクラブの業務特性とシフト管理

フィットネスクラブの業務特性とは?

フィットネスクラブは、トレーニングマシンなどの器具を備えたジム、グループでエクササイズなどをするスタジオ、水泳や水中ウオーキングなどができるプール、と言った複合的な施設からなっています。また、入会手続きが必要な会員制が主流になっており、会員へはインストラクターがレッスンなどで指導する形を取っています。
なお、フィットネスクラブは、スポーツクラブ、スポーツジム、アスレティッククラブ、などと呼ばれることもあります。

ジム、スタジオ、プールと言ったベーシックな構成の他に、ゴルフやテニスやダイビングのスクール、フットサルやテニスのコート、レストランなどを併設しているところもあり、更に、スパやサウナ、マッサージ、エステなど、リラクゼーション施設を兼ね備えたフィットネスクラブも増えています。フィットネスクラブで必要なウェア、シューズ、バッグ、スイムウェア、飲料、サプリメントなどを販売するところもあります。

また、最近では24時間いつでも自分のライフスタイルに合わせて気軽にトレーニングができるフィットネスクラブも出現しています。この24時間型フィットネスクラブは主にジム専門で、夜間はインストラクターを置かずにコスト削減を図っているところが多いと思われます。

以上のような点からフィットネスクラブの特徴を要約すると、以下の3点を挙げることができると思います。
  • 1)レッスンプログラムに対しては、確実にインストラクターを配置する必要がある
    2)ジム、スタジオ、プール間で従業員を上手く配置する必要がある
    3)小型店に対しては複数店舗をまとめて管理することも必要となる
これらの特徴から、フィットネスクラブのシフト管理もフィットネスクラブの特徴を考慮したものが必要になってきます。

フィットネスクラブにおけるシフト管理とは

ここでは、フィットネスクラブにおけるシフト管理で考慮すべき点について述べたいと思います。
まずはじめに、「レッスンプログラムに対しては、確実にインストラクターを配置する必要がある」というフィットネスクラブの特徴から、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • レッスンプログラムは事前に各会員にはアナウンスされている為、シフト表の作成にあたっては、担当するインストラクターを確実に確保する必要がある。
  • 1つのレッスンプログラムに複数のインストラクターが対応可能な場合には、他のレッスンとの兼ね合いを考えて最適なインストラクターを割り当てる必要がある。
  • プライベートレッスンでは、会員とインストラクターの間でレッスン日が決められるケースもあり、その情報がシフト作成時に確実に反映される必要がある。
次に、「ジム、スタジオ、プール間で従業員を上手く配置する必要がある」というフィットネスクラブの特徴から、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • 通常はジム、スタジオ、プールでそれぞれ担当は分かれている場合が多いが、要員に過不足が生じた場合、ジム、スタジオ、プール間で応援対応ができる必要がある。
  • ジム、スタジオ、プール以外にもフロント業務やバックオフィス業務があり、それらの業務も確実に従業員を割り当てる必要がある。
また、「小型店に対しては複数店舗をまとめて管理することも必要となる」というフィットネスクラブの特徴から、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • 小型店の場合は従業員数が少なく、従業員数の過不足が生じ易い。その為、シフト作成は複数店舗まとめて作成することも必要となる。
  • 従業員が不足する店舗へは応援要員を派遣させる必要があり、応援要員の事前登録と不足店舗への派遣が素早くできる必要がある。

以上が、フィットネスクラブにおけるシフト管理上の主な考慮点になると考えています。
フィットネスクラブは、老若男女を問わずに利用できる施設であり、健康増進やストレス解消などに利用される現代社会では必要不可欠な施設となっています。また、プライベートレッスンに対するニーズや、24時間いつでも利用したいというニーズなど、時代のニーズに応じたサービスを提供していく必要もあります。

そして、時代のニーズに応じたサービスを提供していく為には、ハード面だけではなく、インストラクターや従業員といったソフト面でも改善が必要になってきます。その為にも、シフト管理システムでムリ・ムラ・ムダのない管理を行い、インストラクターや従業員に不平不満を生じさせないことが必要であると考えています。
目に見えないところの差別化、それがシフト管理システムだと言えます。