ドラッグストアの業務特性とシフト管理

お役立ち情報 INFORMATION

ドラッグストアの業務特性とシフト管理

ドラッグストアの業務特性とは?

日本チェーンドラッグストア協会の定義によると、
ドラッグストアとは、医薬品と化粧品、そして、日用家庭用品、文房具、フィルム、食品等の日用雑貨を取扱うお店というように、日本チェーンドラッグストア協会では考えています。実際、ドラッグストアとはこういうものだという定義は、国や行政でも定めたものはありません。一つはっきりいえることは、ドラッグストアは、健康で美しく、しかも日々の生活に欠かせないさまざまな商品を置いているということです。少なくとも「くすり屋さん」 とか「化粧品屋」といったお店とは明らかに異なっていることはおわかりになると思います。 健康で美しく毎日を豊かに暮らしたいという皆の願いからできたお店ということがいえると思います。」(HPより引用)

また、上記の定義とは異なりますが薬事法および薬剤師法で、薬剤師が常駐し薬を調剤する調剤室が併設されている薬局と、一般用医薬品は取り扱えるが薬剤師の常駐や調剤室がなく医療用薬品の取り扱いができない薬店の2つに分けられています。
ドラッグストアも薬局としての許可をもって営業を行っている店舗と、薬店としての許可をもって営業を行っている店舗に分かれています。

医薬品の販売にあたっては、適正な資格を持った人が行う必要がありますが、2009年の改正薬事法で登録販売者という新しい公的資格が誕生しました。それまでは、医薬品を販売できるのは薬剤師か薬種商という資格者のみでしたが、新たな専門職として登録販売者が誕生しました。登録販売者の誕生により、医薬品の調剤業務と販売業務の分業が可能となり、薬剤師の負担が減少したと言えます。
登録販売者の仕事内容は、医薬品の販売が主ですが、すべての医薬品を販売できるわけではなく「第二類医薬品」と「第三類医薬品」に分類されている医薬品が、販売可能となっています。注:「第一類医薬品」は薬剤師のみの扱いとなります。
では、登録販売者になるための条件ですが、各都道府県で実施される試験に合格したのち、都道府県知事の登録を受けることで認められます。また、一定の実務経験を積むことで、店舗管理者へとステップアップすることも可能となっています。

以上のような点からドラッグストアの特徴を要約すると、以下の3点を挙げることができると思います。
  • 1)医薬品だけでなく、家庭用品、食品等の日用品も取り扱っている
    2)登録販売者や薬剤師といった専門資格を持った従業員が必要である
    3)数多くの店舗を全国展開しているドラッグストアが多い
これらの特徴から、ドラッグストアのシフト管理もドラッグストアの特徴を考慮したものが必要になってきます。

ドラッグストアにおけるシフト管理とは

ここでは、ドラッグストアにおけるシフト管理で考慮すべき点について述べたいと思います。
まずはじめに、「医薬品だけでなく、家庭用品、食品等の日用品も多く取り扱っている」というドラッグストアの特徴いから、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • 発注や品出しと言ったセルフサービス業態の作業も多く、作業指示がかなり詳細かつ多岐に渡らざるを得ない。
  • シフト管理システムの導入前提として、店舗規模に応じた曜日別作業モデルを事前に作成しておく必要がある。
次に、「登録販売者や薬剤師といった専門資格を持った従業員が必要である」というドラッグストアの特徴から、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • 調剤薬局を兼ね備えた店舗では薬剤師の常駐が必須となるので、薬剤師が不在となる時間帯が無いような勤務シフト表を確実に作成できる機能が必要となる。
  • 登録販売者はどの店舗でも必ず必要となるので、登録販売者が不在となる時間帯が無いような勤務シフト表を確実に作成できる機能が必要になる。
  • 登録販売者を店舗管理者にステップアップさせる為の実務経験(月80時間の勤務経験)を積ませるための勤務シフト表を確実に作成できる機能も必要になる。
また、「数多くの店舗を全国展開しているドラッグストアが多い」というドラッグストアの特徴から、以下のような考慮がシフト管理には必要になってきます。
  • 全国の店舗を分割したエリアごとにマネージャーが存在しており、各マネージャーに対して配下にある店舗のシフト作成状況などをリアルタイムに提供できる機能が必要になる。
  • 各エリアの人時生産性等の指標を横断的に比較・検討したり、エリア内の各店舗の人時生産性等の指標を横断的に比較・検討するためのMH(マンアワー)管理が必要になる。

以上が、ドラッグストアにおけるシフト管理上の主な考慮点になると考えています。
ドラッグストアは、医薬品を取り扱うと言う性格上、薬剤師や登録販売者と言った公的資格を持った従業員が必須であるというところが他の小売業とは大きく異なるところだと言えます。
薬剤師の確保や登録販売者の育成というところが重要な経営課題になっていますが、シフト管理システムがこの課題に対しても果たすべき役割も大きいということを認識しておきたいと思います。