お役立ち情報 INFORMATION

作業シフト表の更なる改善に向けて(1)

自動作成された作業シフト表の課題

レジシフト表の自動化の場合と同様、自動作成された作業シフト表がそのまま無修正で使用できるかと言うと、決してそうではありません。 作業シフト表の場合は、レジシフト表以上に手修正が加わる可能性が大きいと言えます。

それは、売場部門では対象とする作業の数も多く、また一つ一つの作業がかなり複雑であると言うことから来ています。 それだけ、作業シフト表の自動化は難易度が高いと言わざるを得ません。

では、実際にはどの様な手修正が加わっているかと言うと、
  • その日行なう作業の追加を行なう。
    ①毎回の様に、同じ人に同じレジばかりが割り当たるような場合
  • 作業時間が変動する作業の時間調整を行う。
    ①客数や入荷量の増減で作業時間を調整する必要がある場合
  • 特定の人に偏っている作業を他の人に平等に割当てる。
    ①毎回の様に、同じ人に同じ作業ばかりが割り当たるような場合
    ②ある人だけが忙しく、他の人は空き時間が多いような場合
  • 人が割当たっていない作業に何とか工夫して人を割り当てる。
    ①空いている人はいるが、作業が割当たっていないような場合
    ②空いている人がいなく、作業が割当たっていないような場合
  • 無理な作業割当があったら調整して無理がない様にする。
    ①移動時間を考慮する必要がある作業に割り当たるような場合
    ②連続して長時間の作業になっているような場合
  • 自社の作業割当ルールと異なる場合、自社のルールに合わせた修正を加える。
    ①最初に入った作業は休憩後も連続して同じ作業を担当させたい場合
    ②休憩時間は予め決められた人をフォローに入れたい場合


などがあります。

これらの内容を見ると、最初の2つの項目以外は「レジシフト表の更なる改善に向けて(1)」に述べた内容と全く同じです。 すなわち、作業シフト表の自動化をより難しくしている要因がその2つだと言っても過言ではないと思います。

また、最初の2つの項目は、作業シフト表の自動作成を実行する前に行う必要があり、この点においても他の項目とは性格を異にしているものだと言えます。

なお、最初の2つ以外の項目に関しては、レジシフト表の場合と同様、以下の点を考慮する為に必ず行われなければならない手修正作業となっています。

  • 作業の平等性確保
    「平等性の確保」は、やはり一番大きな要素になります。 働く人が気持ち良く、また効率的に働く為には平等性は避けて通れない重要な条件となります。 この点はレジシフト表の場合と全く同じです。
  • 作業の品質レベル維持
    売場をある一定以上の状態に維持することは、店舗運営において極めて重要な要素になります。 例えば、その日によって商品の陳列にムラがあったら、その店舗は失格だと言わざるを得ません。
  • 無理な作業割当の排除
    この点もレジシフト表の場合と基本は同じです。 規定以上の長時間作業や屋外の厳しい環境などでの長時間作業は避けなければなりません。 また、作業と作業の間には適切な休憩を与える必要があるものもあります。

この様な点を考慮して自動作成された作業シフト表が理想のものと言えます。

理想の作業シフト表