お役立ち情報 INFORMATION

クラウド型によるシフト管理システム

パート、アルバイトのシフト管理の現状

近年、クラウドシステムの普及には目を見張るものがあります。経理システムや給与システム、勤怠システム、シフト管理システムなどの多くがクラウドシステムとして提供されています。

それ以前は、専用のソフトを自社のコンピュータ内にインストールして使用するパターンが大半でしたが、徐々にその割合は低下してきています。
クラウドシステムの普及理由としては、
  • 自社でコンピュータ機器やソフトを購入する必要がない
  • コンピュータ機器などのノウハウを自社で持つが必要ない
  • システム運用に関わるノウハウを自社で持つ必要がない
  • 運用コストをより安くすることができる
などの理由が挙げられますが、これらの理由を見ると中小企業にとってより効果の大きいものであることが分かると思います。

しかし、近年では資金や人材に比較的余裕があると思われる大企業にもクラウドシステムの普及は進んでいます。企業規模に関わらず、多くのシステム分野でクラウドシステムが普及してきている証であると言えます。

クラウドシステムの形態について

クラウドシステムは、同じシステムを複数の企業で共同利用する「パブリッククラウド」と、自社専用のシステムをクラウド上で使用する「プライベートクラウド」の2つに大きく分けられます。

一般的にクラウドシステムと言うと「パブリッククラウド」を指しますが、大手企業を中心に「プライベートクラウド」もかなり普及しています。
特に、セキュリティをより厳密に担保したい企業や自社向けのカスタマイズを必要とする企業には「プライベートクラウド」が選択されています。
当然、導入コストや運営コストに違いがありますから、投資対効果をよく見極めてどちらを導入するかを決める必要があると言えます。

シフト管理システムの現状

シフト管理システムも例外ではなく、その大半がクラウドシステムとして提供されています。

その理由としては、シフト管理システムの多くが比較的新しく開発されたものであると言うことが一番の理由だと思われます。他のクラウドシステムと違い、自社導入型のパッケージソフトとして販売されてきた実績が少ない為、逆にクラウドシステムとして普及し易い状況にあったのだと思われます。

実際、シフト管理システムのまとめサイトの1つである「シフト管理システムの価格・特徴を徹底比較 | 2018年完全版」に掲載されている24例すべてがクラウド型でのシステム提供を行っています。このことからも、シフト管理システムがクラウド型でのサービスをメインにしていることが良く理解できると思います。

シフト管理システムの今後

今後ともシフト管理システムはクラウドシステムを中心にサービス提供を拡大させていくものと思われますが、恐らく、パブリッククラウド型とプライベートクライド型の2つに分かれていくものと想定しています。

その理由としては、大企業から中小企業にまでクラウド型のシフト管理システムが益々普及していく筈ですので、中小企業では主にパブリッククラウド型、大企業では主にプライベートクラウド型を中心に展開していくからだと言えます。

その結果として、シフト管理システムそのものもパブリッククラウド型とプライベートクラウド型で徐々に機能分化していくものと思われます。大企業がもとめる機能レベルと中小企業が求める機能レベルでは明らかに差がありますので、1つのクラウドシステムで両方の要望を実現することは難しいと言わざるを得ません。

今後ともシフト管理システムは大きな変化を遂げていくものと思われます。そう言う意味からも、継続してシフト管理システムの変化に目を向けていく必要がありそうです。

クラウド型シフト管理システムイメージ